気になるブログ

日々調べたことや思ったことをその場限りにしないためのメモ

1リットル11.03円!大量にお茶をつくって節約

いよいよ夏本番で暑くなってきました。我が家では水分補給の量が半端じゃありません。いちいちペットボトルに入ったお茶を買っていては家計に大ダメージを与えてしまいます。

そのため私はウーロン茶を毎日大量に作っています。日常的に毎日作っている方はたくさんいらっしゃると思いますが、これがだいぶ節約に貢献してると思うので紹介します。

私のウーロン茶の大量生産と保存方法

まずはスーパーでウーロン茶のティーパックを買ってきます。私がいつも買っているのはこれです。

伊藤園 ウーロン茶 ティーバッグ 54袋

お鍋に1リットル強ほどのお湯を焚いて、2パックをポイッと入れて完成です。1パックだとなんだか薄い気がするので2パック入れてます。水出しよりお湯出し派です。濃厚なのが好き。

粗熱が取れるまでは放置しておいて、粗熱が取れたらIKEAで買ったガラス製の水差しに入れて保存しています。

ウーロン茶の保存はIKEAの水差し

蓋込みで1本250円。おしゃれで安いさすがIKEAさんですね。この水差しは細い部分があるので手が小さい私でも持ちやすくてありがたいです。ガラス厚で少し重いのが欠点ですかね。おかげで安定感はすごくあります。

1本が空になったらすぐにハイター漬けにしています。ガラス製なので躊躇なく殺菌処理ができることもメリットです。最初はプラスチック製の水差しに保存していたのですが、かびちゃったので夫が「もうやだ捨てる」と言って捨てました。ハイター殺菌は重要ですね。

このウーロン茶を水筒に入れて夫に持っていってもらっています。そのため毎朝1リットル減るので、いつも1日2回くらい作っています。私が飲む分がなくなるのが地味に困るので。

いつも飲み干された水筒が戻ってくるので、夫の水分消費量に驚きます。帰宅してからも1リットルくらいは余裕で飲んでると思います。私はたぶん1日1リットルは飲んでないと思われるのでその消費量に驚きです。

1リットルあたりいくらになるの?

amazonでは54袋入りで430円なので、この作り方だと1リットルあたり15.92円です。ペットボトルとか紙パックで買うよりはるかに安いです。私の場合、スーパーで同じものを298円で購入できたので、1リットルあたり11.03円です。スーパーって意外に安く売ってるものですね。

1リットルを1パックで作ればもっと安くなるのですが、薄いのは好みじゃないですしもっと家計が切迫したら1パックにすることにします。

6月頭に1パック購入してから1か月半は持ちました。これからはますます暑くなるので消費量は早くなることが予想されますが、1リットル20円切っているので躊躇なく消費できます。

暑い夏には大量のお茶を

ウーロン茶だけじゃなく緑茶や麦茶のティーパックも売っていますので、お好きなもので大量にお茶をストックしておくと夏場はとても助かります。普通に飲み物を買っている人はものすごい節約にもなりますよ!

暑い日が続いていることですし、こまめな水分補給で熱中症にならないようにしましょう!


広告を非表示にする