気になるブログ

日々調べたことや思ったことをその場限りにしないためのメモ

ハリネズミの飼育グッズまとめ

ハリネズミのコーンちゃん

写真はエサを取りに出てはきたけど警戒しているうちのコーンちゃんです。シャッター音を出してしまったがゆえにビビられてしまいました。

「ハリネズミを飼っている」といってもどんな設備で飼っているのかはイメージがつき辛いですよね。今回は我が家で飼っているハリネズミがどんな施設で過ごしているかをご紹介しようと思います。

ケージ内の全体像

ケージ内全容

左上から時計回りに小屋、回し車、大理石、給水器、エサ皿、砂場です。次から細かく解説していきます。

飼育道具解説

床材

人工芝
人工芝の下にペットシーツを敷いています。

以前はペットシーツのみだったのですが、5枚重ねても掘るわ破るわでランニングコストが半端なくかかっていたので人工芝を導入しました。人工芝を敷いてからはシーツを掘られることもなくなりました。固い素材なので指にケガをしないか心配でしたが、特にそんなそぶりはなく健康そのものです。たまに掘ろうとはしているようですが。

うんちは人工芝の上に残り、おしっこはペットシーツに落ちてくれます。そのため、毎日の手入れとしてうんちの健康確認と拾って掃除だけしています。簡単です。

ペットシーツ交換の日にお天気が良ければ丸洗いしています。大体1週か2週に1度くらいのスパンですね。天気に左右されるので雨が続くと臭ってくるので早く晴れろとハラハラしてしまいます。


ペットシーツ

ペットシーツは2枚使っています。週2回で交換しますが、主に写真右側の回し車の下におしっこをするので右側のペットシーツのみを交換することもあります。場合によりけりです。

大体はおしっこと、バラバラになったうんちと、砕かれてペットシーツの上に落ちたエサが散乱しています。

小屋

ハリネズミの小屋

ハリネズミを購入したSBSコーポレーションさんで売っているアクリル製の小屋です。もっと太ったり大きくなったりしたら入れなくなってしまいそうですが、今はにゅるーっと入っていけます。アクリル製なので水洗いしやすいこともポイント高いです。木製だとこうはいかない。

夫の着古したシャツを裁断して入れてみていますが、使っているのかはよく分かりません。おしっこかかってるので使ってないかもしれません。

回し車

回し車

メタルサイレント25cmを使用しています。SBSコーポレーションさんで購入した緑色のシートを装着しています。うちの子は音を聞く限りは走るというよりは歩いてウォーキングしているようです。

夫から聞いた話では、以前はプラスチック製の回し車を入れていたのですが、下に潜って力をかけて固定部を壊してしまったそうです。メタルサイレントはケージにひっかけているだけなので、下に潜られても浮くだけで壊れることはありません。

運動するとお通じが良くなるのか、回し車がおしっこでメタメタになってしまいます。周辺にはうんちが転がっています。臭いの原因ナンバー1なのでこまめな水洗いが必要です。大体人工芝と同じタイミングで洗っています。


SANKO メタルサイレント 25
三晃商会
売り上げランキング: 654

大理石

大理石

暑さ対策に置いていますが、おしっこがよくかかっているので絶対に使っていないと私は思っています。撤去するのはなんだかもったいないので、いつか使ってくれると思い込んで置いています。ペットシーツ時代は重しとして非常に有用な働きをしていました。

給水器

給水器

何の変哲もない給水器です。給水器を覚えてくれるので水替えは楽ちんです。最近は暑いのでよく水分補給をしているようです。

エサ皿

エサ皿

お皿だけでも良いのですが、ひっくり返されることが目に見えていたので木の土台にはめ込むタイプにしています。今のところはひっくり返されていないです。エサを食べるときにエサが砕けて飛んで行ってしまうので、食べこぼしがひどい区域でもあります。

砂場

砂場

最近導入した砂場です。ペットシーツを掘れなくさせてしまったので、代わりに掘ってくれるかなと思いまして導入しました。全部100円均一製です。

どうやら掘り掘りしているようですが、回し車と同様にうんちとおしっこをしてしまうようで、パッと見トイレになってるんじゃないかといつも思ってしまいます。掘って飛んだ砂の受け皿用のタッパーに砂が入っているので掘り掘りしていると信じています。

そのうち増やしたいと思っているもの

暗い状態でも撮影できるカメラが欲しいと思っています。基本的には部屋が暗くなってからしか外に出てきて活動をしないので、回し車を回している姿を見たいのです。砂場で掘っているところも見たいのです。そのうち導入しようと思います。

飼育グッズはこんな感じでした

ハリネズミの飼育環境のイメージはついたでしょうか?

数倍大きなハムスターと思えば大体合っているかもしれませんね。警戒心も数倍違いますけどね。そのあたりはこちらの記事からどうぞ。


広告を非表示にする