気になるブログ

日々調べたことや思ったことをその場限りにしないためのメモ

袋を密封できるAnylock(エニーロック)が便利すぎて使い倒している件

今週のお題「今年買って良かったモノ」とのことなので、最近手に入れて重宝しているものについてご紹介しようかと思います。まずはこちらの画像をご覧ください。

写真 2015-11-26 9 47 31

みなさまは、このようにお菓子の封を開けて満足するまで食べたけど、中途半端に残ってしまったという経験はありますでしょうか? 私は胃の容量が小さいため、しょっちゅう余らせてしまいます。この鈴カステラは数日かけて食べました。

ここで問題になるのは、口の空いたお菓子をどう保存するか?ということです。特にカステラのような半生菓子や、湿気ってしまうポテチの保存には頭を悩ませがちでした。

そこで登場するのが『Anylock(エニーロック)』です。パソコン関係で出てきそうな、かっこいい名前をしていますが、見た目はただの棒です。

とても便利なAnylock(エニーロック)

見た目はただの棒ですが、これはすごく便利な棒なんですよ!ここから先は、この使い方をご紹介します。

Anylockの使い方

このAnylockの使い方はとってもシンプル。まずは、袋をピッと張るように伸ばします。これをやっておかないと後がうまくいきません。そして、Anylockの内側の棒の部分(写真だと黄色の棒)を袋にひっかけるようにセット。

Anylockの使い方・その1

で、ここから内側の棒と外側の間に袋を挟み込んでいくような感じで、するするっとAnylockをスライドさせていきます。

Anylockの使い方・その2

袋の端までAnylockをスライドさせれば、封が完成します!

Anylockの使い方・その3

ね、簡単ですよね♪
ちなみに外すときは、入れた時とは逆側にスライドさせるだけです。

Anylockのいいところ

密封力がすごい!

Anylockはその使い方で紹介した通り、非常にシンプルな作りなのですが、その密閉力はあなどれません。水が入っていても漏れることはほぼありません!洗った後のもやしに使ってみましたが、少し水っぽいものの保存にも最適でした。

簡単に密閉保存が可能!

使い方でご説明した通り、簡単に密封保存ができちゃいます。また、袋の端を少しだけ開けておけば、ジップロックで空気を抜くのと同様に、中身の空気を抜いて半真空にすることも可能です。酸素を抜くことができると、食べ物なら中身の賞味期限も伸びる気がしますし、布ものならコンパクトにすることもできますね。

収納がらくちん

他にも袋の口を密閉するグッズは数多くあると思いますが、Anylockほどスリムなものは見ないのではないでしょうか? キッチンの引き出しの隙間に入ってしまうので、収納に困ることはありません。

サイズが豊富!

私が持っているのは3号で、長さは23センチほどです。Anylockはサイズも豊富に揃えられていて、29センチ、19センチ、13センチなど、用途によって丁度よい長さのものが見つかると思います。色もブルー、ピンク、オレンジ、レッド、イエロー、スケルトンと豊富なので、お好みの色が見つかるかもしれません。

サイズ色々が入ったセットも売っています。

まずは一本どうでしょう?

私はとりあえずと思って、3号の3本セットを買ったのですが、使用頻度がやたらと高いのでもう少し買い足そうかなぁと考えています。まさかこんなに使うとは思ってもいなかたので、予想外の使いやすさでした。

3本セットで500円前後の価格帯となりますが、何回も使いまわせることを考えるとお値打ちなのではないかな、と思います。Anylock、買ってよかったです。おすすめですよ~!

広告を非表示にする