読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

気になるブログ

日々調べたことや思ったことをその場限りにしないためのメモ

まつげパーマをセルフでやってみた

日々の生活 日々の生活-いいもの紹介

私はまつげが長い方だと思います。平凡な日本人顔の私が唯一自慢できるポイントです。しかし、長いまつ毛が下がっていると、目の周りがもさもさするのが気になって仕方がありません。

そこで、まつげパーマに興味が出てきました。色々調べてみると、まつげパーマの施術は1回2,000円~5,000円くらいで、2ヶ月近く持つのだとか。しかし、美容院に行くのも億劫がる私。通うのは嫌だなーと思い、セルフまつ毛パーマに手を出してみることにしました。

セルフでできるまつげパーマセットを購入

Amazonで売っているこの商品を購入しました。お値段は1,600円でした。注文して間もなく、超簡易包装…というか封筒に入った状態でポストに届けられていました。クイックポストですね。

セルフでできるまつげパーマセットの内容物
内容物は、パーマ液が2種類、グルーが1つ、ピンク色のロットが2つ、何に使うか分からない棒が1つ、あとは取扱説明書です。シンプルで良いのではないでしょうか。

セルフまつ毛パーマの手順

それでは、簡単に手順とコツを書いていきたいと思います。目のみのアップ写真を載せますので、そういう画像が苦手な方はご注意ください。

【1】ロットとまぶたにグルーを塗り、まぶたにロットを貼り付けます。まつ毛の根本ぎりぎりまでロットを置くのがポイントです。

【2】まつげにグルーを付け、ロットの溝に沿うように貼り付けていきます。ロットにもグルーを付けると貼り付けやすくなります。

セルフまつげパーマでグルーをつける
ここが最重要ポイントとなります。爪楊枝を使ってまつ毛が重ならないように、まっすぐとロットに貼り付けます。画像では諦めた部分も見受けられるのですが、諦めも肝心だと思います。

【3】綿棒にパーマ液第1剤を取り、まつ毛とロットに塗ります。塗ったら5~6分間放置します。

セルフまつげパーマでパーマ剤をつける
どれくらい塗ればいいのか分からなかったので、盛るように塗ってみました。これなら塗り残しもないでしょう。

【4】パーマ液第1剤をふき取ります。私の場合、ふき取りには濡れティッシュを使いました。液が残ると仕上がりに影響が出るため、しつこいくらい拭き取ります。

【5】綿棒にパーマ液第2剤を取り、まつげとロットに塗ります。塗ったら5~6分間放置します。塗るものが違うだけで、手順3と同じです。

【6】第2剤をふき取ります。これも手順4と同じです。

【7】ロットを外して完成です!念のため、何度か顔を洗います。パーマをかけた後の臭いがすごくします。

完成写真

まつげパーマ完成画像
ばっちりまつげが上がりました!洗顔しても上がり続けてくれるので、ビューラー要らずになりました。目元がもさもさしなくて、とっても快適です。施術前の写真を撮り忘れてしまったことが残念です。

毛先が少し折れている箇所も見受けられますが、自分でやっていますし不満はありません。毛先までパーマ液を塗らなくてもいいかもしれませんね。次に活かそう。

セルフまつげパーマをやってみての感想

自分でまつげパーマをしてみましたが、思ったよりもきれいに上がってくれたので大満足です。50回分入っていて1,600円なので、1回32円ですね。サロンの施術料がどれだけ高いのかが伺えます。

しかし、細かい作業ばかりで、片目だけで40分ほどかかっているため、時間に余裕のある人向けですね。『この作業、自分にはできない…』と思った方は、まつげパーマサロンに行くのが無難ですね。その方が絶対に楽だとは思います。

ともかく、まつげパーマの力で視界がすっきりして、快適な日常を送っています!どこまで持つか観察しつつ、まつげが落ちて来たら、また今回のパーマ液を使って自分でやろうと思います。

広告を非表示にする